・独学で合格する秘訣 / 行政書士試験 独学で合格!4ヶ月

2009年02月27日


行政書士合格証書が来ました 


合格証書

合格証書が来ました。鳩山総務大臣の印です。
字体がゴシック体で、通知書という感じです。

ようやく、登録して仕事ができます。
社労士の事務指定講習を受けていますので、その講習が8月に終わったら、社労士と2つの資格で、今の仕事とあわせて開業する計画です。

今年、受験される方へのアドバイスは、今の時期は、

1、予備校のパンフレットを請求して、見て、勉強方法を固めること。
 *予備校のパンフレットで、基本的な勉強時間(200時間〜くらい)や、スケジュールを確認します。
 パンフレットをみるとけっこうやる気も沸いてきます。

  例えば→ユーキャンの宅建取引主任者講座

     →宅建講座【資格の大原】
     →【ダイエックス】宅建
     →LEC行政書士サイト


2、幅広く一般知識とか、文章読解の勉強をしておくこと。いまのうちしか出来ません。必ず出題される、行政法とかは、夏ごろからでもいいと思います。

 ご参考:行政書士,独学勉強法



2009年03月26日


行政書士 勉強の開始


もうすぐ、4月です。

予備校のパンフレットを取り寄せたり、入門者を読んだりして、受験の決意を固める時期ですね。

  (→予備校のパンフレットで行政書士の情報を集める

  (→入門書 2009年版 出る順行政書士 初歩の初歩

勉強する以上、合格する決意で勉強しましょう。

そろそろ、基礎学習(基本書と過去問の組み合わせ)もスタート準備です。

基礎学習のポイントは、

1、基本書と過去問の組み合わせで進めること

例えば、憲法の前半(人権)のところ基本書を読んだら、その部分の過去問を解くことです。

最初は、もちろん解けませんので、問題を読んで、考えて、答えを読みます。

読んで、基本書のどの部分が出題されているか確認します。(このために同じ出版社の基本書と過去問集がいいと思います。)
 (→行政書士 独学者にお勧めのテキスト

基本書を読むだけでは、記憶に残りませんし、理解も深まりません。過去問を使っていけば、忘れにくくなります。


2、1種類の基本書、過去問に決めましょう。

  基本書→出る順行政書士 合格基本書  
  過去問→出る順行政書士 ウォーク問

は独学者にいいテキストと思いますが、最初はどうしても、勉強が難しいために、他の基本書や問題集に目がいきます。

できるだけ、早く1種類に決めましょう。

わたしは、いろいろ購入してしまいましたが、(→行政書士独学1年目

このページ(→行政書士 独学者にお勧めのテキスト)に載せているテキストでしたら、書かれてある内容はあまり差はありません。
自分に合っているテキストに決めたらいいと思います。

テキストで迷っている間は、集中できないので、勉強が進みません。

4月中には、決めてしまいましょう。

1冊の基本書、過去問、それから、予想問題(予備校の模試等)で合格できる試験です。


(少し早いですが、LECの今年の公開模試が発売されています。
LEC全国公開模試
 9月の末から始まりますね。この模試は高価ですが、お勧めします。学習スケジュールに組み込んで勉強を進めたらいいと思います。)







PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|