・独学者の学習方法 / 行政書士試験 独学で合格!4ヶ月

2009年02月04日


行政書士試験 宅建の勉強も役に立つ


昨年、宅建の試験も受験しました。おかげで、行政書士試験の勉強がおくれあせったのですが、結果的に宅建試験の勉強で助けられました。

記述式問題の第45問です。

「賃借人が無断で、譲渡、転貸しても解除が認められない場合はどんな場合か?」

この問題、宅建では重要ポイントです。宅建は借地借家法の関連が試験範囲ですから、民法の賃借権も詳しく勉強します。
 
私が使った、宅建のテキスト
まるかじり宅建最短合格テキスト

のなかに「賃貸人は賃借人が義務に違反した時は、契約を解除できるが、背信的行為に当たらない特段の事情がある場合は解除できない。」

もキッチリ載っていたのを覚えていたのです。

記述式3問の中で、この問題が一番正答が少なかったのではないかと思います。この判例を知らないと解答のしようがありません。
この20点は大きいものでした。

宅建の勉強をしていたからこその行政書士、合格でした。不思議ですが、ラッキーでした。

ご参考の記事 行政書士 宅建受験の勧め


2009年04月25日


行政書士独学 予備校は学習のガイド 


行政書士 独学合格のポイントの1つ、

予備校をうまく利用することが大切です。見知らぬ土地を歩く人のガイドですから。→予備校の資料をもらおう

予備校の中でも、LECの情報力はいいと思います。村田 憲康先生も話されてましたが、かなり出題傾向を研究しているようです。行政書士試験は出題範囲が広いので、情報がないと効率的な学習が難しいと思います。(LECはもう少し、商業主義をおさえればもっといいと思うのですが)

昨年、私の合格に役に立った、全国公開模試です

4回で重要論点の復習、予想問題が効率よく学べました。
特に対策しにくい、一般知識対策に有効でした。

しかし高価ですから、どうしても合格したい人だけにお勧めします。

LEC全国公開模試(全部で4回です。)

少し先ですが、模試を目標に勉強のスケジュールを計画されたらいいと思います。

ご参考です。
 






PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|