行政書士 文章読解問題対策によさそう / 行政書士試験 独学で合格!4ヶ月

2008年10月20日


行政書士 文章読解問題対策によさそう


先週、Wセミナーの講師の山本浩司さんの東大文系合格法 数学的発想で全教科を攻略
という本を読みました。

前半は、「合格したつもりで学習しなさい」という精神論です。まあ俺(私)にも出来る、合格する、思い込むことが大事という、成功法則です。

前半はさておき、後半の各論では、文章の読解方法が書かれていて、極端な例ですと、法律の知識が無くても、国語(文章力)で問題が解ける、という優れものです。

ポイントは、@「オウム返し」と言うのとA「しかし」という接続詞に注目と言う 2点です。

 オウム返しというのは、記述式の回答の要領と同じですが、
  
  「・・・の理由を説明しなさい」という問題に対しては
  「・・・だからである」あるいは「・・・という理由である」
  
 と答えます。この構造が文章の中に入っているのを見つけるということです。

 「しかし」の使い方
 
  「もう10月20日だ。しかし、テストまで時間はある。だから、合格する。」
   AしかしB。そしてC。と言うパターンが多くしかも言いたいことはCにある。Aは単にB,Cを強調する為の言葉である。このパターンを見つけるのがポイント。

  これには、例題がついていて、公務員試験や、ロースクールの並べ替え問題が載っていますが結構この2つの法則で解けます。

 なかなかうまく説明できていませんが、文章読解だけでなく、問題を読む力、国語力をアップできるいい本です。一読をお勧めします。

あと3週間、いよいよ本格的に行政書士の受験勉強です。








PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。