行政書士試験の時間の配分 / 行政書士試験 独学で合格!4ヶ月

2008年09月03日


行政書士試験の時間の配分


行政書士試験の300点の内訳ですが、
 ・憲法  択一式 5問 多肢選択式 1問 記述式 0問
 ・行政法(地方自治法含む)
      択一式 19問 多肢選択式 2問 記述式 1問
 ・民法(基礎法学含む)
      択一式 11問 多肢選択式 0問 記述式 1問
 ・商法
      択一式 5問 多肢選択式 0問 記述式 0問
 ・一般知識等
      択一式 13問 多肢選択式 0問 記述式 0問
 で配点は択一式が 4点/門、多肢選択式が8点、記述式が 20点/問ですから、科目別満点と300点に占める割合は
  ・憲法  28点(9%)
  ・行政法 112点(37%)
  ・民法  88点(30%)
  ・商法  20点(7%)
  ・一般知識 52点(17%) になります。
 内容の難易度、範囲から考えると学習の順序は まず、行政法 最後に商法になるでしょう。
 行政法は学習すればまず時間に比例して得点できる。商法は広い範
 囲から5問で結構レベルの高い問題が出るので、最も学習効率は悪い。
 まずは行政法に注力しましょう。行政法ばかり1週間も問題演習を
すれば、行政法の部分だけは、確実に得点できるでしょう。








PR| 司法書士試験,独学,短期| 社会保険労務士,独学,短期| 行政書士,独学,短期| 宅建,独学,短期| 国家資格,独学| スカイプ英会話| 目標達成| ルイヴィトン| 投資信託,初心者| メタボ対策| 猫好きの日記| 社会保険労務士,独学| 美容ナビ| 派遣の常識| 司法書士,独学| 宅建,独学| 行政書士,独学| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金,会社設立,| 社労士,大阪,伊丹,神戸,助成金| 社労士,大阪,伊丹,神戸,会社設立| 社労士,大阪,伊丹,神戸,職業紹介業認可| 社労士,大阪,伊丹,神戸,ヒロセ|
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。